防犯対策その5.泥棒とは 

ある晴れた日の朝。
あの男が言っていたことを思いだす。

いやね。朝起きて天気がいいとね。
行きたくて行きたくて、仕方がないんですよ。
でもね。
やめようやめようとは思っているので、まぁ、我慢するじゃないですか。
するとね。
一日中そのことを考えてて、頭がいっぱいなんですよね。
で、結局行っちゃう訳なんですよ~。

このくだり。何のことだかわかるでしょうか。
あー、パチンコね。俺もハマってる時はそうだったなぁ・・・
って思った方は、結構いらっしゃるでしょう。

違います。
実はコレ、泥棒のことなんです。
朝起きて、晴れていると、泥棒に行きたくて行きたくて仕方がないという訳です。

確かに、首尾よく運んで、運が良ければ(?)一攫千金。

失敗すれば豚箱行き。

言わば究極のギャンブルですな。

しかし、このからくり。単純すぎるゆえに事の本質が一筋縄ではいかないことが、何となく垣間見えますね。

つまり、泥棒には、それくらいの中毒性があるという訳なんです。
これじゃ、なかなかやめられませんよね。
再犯率も高いわけです。

泥棒のこと、少しはお分かりいただけましたでしょうか?
・・・分かりませんよね。
そう、この世界は奥が深いのです。

このブログでは、セキュリティの本質がどこにあるのかを含め、広く危機管理に関し、皆様に少しずつご紹介していきます。

なぜゆえか!?

それは
日本のホームセキュリティを家庭の単位から変えていこう!
次世代のホームセキュリティをつくろう!!
犯罪のない社会を目指そう!!!

おーっと、話が無駄にデカくなってきました。

と、大層なことを言っている割には実行が伴っていないわけですが、本当の防犯とは何か。についてお伝えできれば幸いです。

Follow me!